原因について

器具を使う医師

春になると多くの方がスギ花粉症を発症します。その症状は、くしゃみや鼻水そして鼻詰まり、さらには目の痒みと、とても辛いものですから、春になるのが憂鬱に感じている人も多いはずです。 それでは、花粉症はどうして起こるのかを簡単に解説していきます。 スギ花粉等の花粉のことを、アレルゲンと呼びます。そしてアレルゲンは、アレルギー反応を引き起こす物質のことです。 アレルゲンが鼻粘膜に付着すると、体内にできたIgE抗体と反応することになります。IgE抗体は肥満細胞の表面に付いていて、アレルゲンと反応することで、肥満細胞から大量のヒスタミンが放出されるのです。 ヒスタミンは、鼻粘膜の毛細血管の透過性を上げ、充血や腫れ等が起こることになります。

くしゃみや鼻水が出るのは、鼻粘膜に付着した花粉を排除しようとして起こる身体の防御反応です。 花粉症対策の考え方については、まず第一に花粉を鼻粘膜に付着させないことが重要になります。ですから、マスク等を付けることが大切な花粉症対策になります。 次に、耳鼻咽喉科に行って治療薬を処方してもらうことも大切な花粉症対策と言えます。この場合には、主に抗ヒスタミン薬が処方されることになります。 さらに、究極の花粉症対策として、体質改善があります。要するに、体質を改善して花粉に対するアレルギー反応を起こさなくするのです。 そのためには、腸内フローラを改善すると良いと言う報告があります。腸内フローラの改善とは、腸内に棲む細菌を善玉菌優位の状態にすることです。