花粉対策

聴診器とペン

日本では、戦後になって多くの建築分野などでの木材需要に応えるために、利用し易いヒノキやスギを、多くの山々に植林する事業が盛んになりましたので、それまでの時代よりも、多くのこれらの木が生育しています。 このため、この木々からもたらされる花粉が、春頃になると一気に飛散しますので、多くの花粉症に罹患する人が発生するのです。 これに対して、さまざまな花粉症対策が行われていますが、その一つとして、最近とても注目されているのが、耳鼻咽喉科でのレーザー治療になります。 花粉症というのは、基本的に抗原抗体反応すなわちアレルギー反応ですから、その抗原を感知する部分の鍵穴を変化させれば、アレルギー反応は起こしにくくなるのです。

このレーザー治療による花粉症対策は、これまでのさまざまな花粉症対策とは、根本的に異なる部分があります。 例えば、抗ヒスタミン剤による眠気を伴うことはありませんので、仕事や学業の妨げになることはありません。 また、ほとんど副作用のない治療法ですから、多くの人にとって安全ですし、その治療時間もとても短くて済むのです。 具体的には、時間として1時間も必要ないくらいですから、ほとんどが日帰り治療で、とても便利な花粉症対策の治療法といえます。 加えて、その効果の持続性が大きなメリットになります。 普通の対策ですと、短時間あるいはそのときだけの効果に限定されがちですが、この治療法では、2年程度の効果が持続的に期待できるのです。